« 臨海リンク存続のイベント | メイン | 卒業うどん »

2008年5月21日 (水)

さっさら春風―「もしも」はすてて

Ja4slkhl 『さっさら春風―「もしも」はすてて』(文研じゅべにーる)
浅田宗一郎/作 目黒直子/絵

丈夫(じょうぶ)は大柄でサッカーが得意だけど左手に障害があって、ついそれを気にしてしまいがち。そんな丈夫をお姉ちゃんの恵はいつも明るく励ましてくれます。しかし、そんな恵にも障害があって……。
次から次へと丈夫に襲いかかる試練の連続に、フィクションだとわかってるにも関わらず苦しくて切なくて「なんでやねん! もうええかげんにしたって!」と涙ながらに叫びたくなってしまいます。あらすじだけを取り出したら「暗い話」なのかもしれません。でも、読後感は穏やかで温かな気持ちになります。自分に降りかかる過酷な運命にも微笑んで立ち向かう恵と、大きな試練を乗り越えていく丈夫の姿に、自分もいろいろな困難に立ち向かっていく勇気をもらえます。

bk1 amazon 楽天 7andy

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351563/14526197

さっさら春風―「もしも」はすててを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。