« 児童文学館存続の署名のお願い | メイン | 臨海リンク存続のイベント »

2008年5月 1日 (木)

もうひとつ署名のお願い

★大阪高石市の臨海スポーツセンターが廃止の危機にあります。

選挙中言っていた「子供が笑う大阪に」というのは嘘だったのでしょうか。
児童文学館だけでなく臨海スポーツセンターも廃止の対象に挙がっています。
ひとつスケートリンクがなくなると、遠くの別のリンクに通えない子供さんは、いくら才能があってもスケートをあきらめざるをえなくなってしまいます。
別のリンクに移れても、そこも満員状態。満足のいく練習はできなくなってしまいます。それでは、思う存分才能を伸ばすことができません。
今は空前のフィギュアスケートブームですが、リンクの閉鎖が相次ぐ状態では、今後の発展は先細りしてしまうでしょう。
何年後、何十年後も今のように日本選手の素晴らしい活躍が見られるように、リンク存続の署名にご協力ください。

【臨海スポーツセンター存続の会】
http://maido.rocket3.net/rinkai/index.asp


署名用紙PDF
http://maido.rocket3.net/rinkai/images/syomei.pdf

署名用紙の郵送締め切りは5月7日(水)までです。
〒592-8799
大阪府高石市浜寺郵便局留
「臨海スポーツセンター存続の会」
代表 安形 幸子様 宛


★高橋大輔選手の練習拠点だったウェルサンピア倉敷も閉鎖になってしまいました。

このリンクが閉鎖になってしまうと、フィギュアスケートだけでなく
スピードスケートやアイスホッケーの選手たちも練習拠点を失ってしまいます。

「倉敷のスケートリンクの存続を願う会」
http://www.a-sky.info/

足あとの件数を数えていて、それを申し入れの要素にするそうです。
サイトを訪問するだけでも結構ですので、皆様のご協力をお願いいたします。


★岐阜でも県内唯一のリンクが閉鎖になります。

こちらで署名用紙がダウンロードできますのでご協力を
お願い申し上げます。

【岐阜県のアイススポーツを守る会】
http://icesports.konjiki.jp/

紹介記事
http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/local/CK2008040502001261.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351563/14526191

もうひとつ署名のお願いを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。