BEAT KIDS Feed

2008年3月 3日 (月)

映画「ビートキッズ」放映!

といってもケーブル、スカパー限定で、地上波ではないのですが…

スカパーやケーブルTVで観られる「チャンネルNECO」にて、今月「ビートキッズ」が放送されます。

3月3日(月)  午後5:00〜7:00
3月10日(月) 午前3:00〜5:00
3月11日(火) 午前1:00〜3:00
3月13日(木) 午後1:00〜3:00
3月20日(木) 午後9:00〜11:00
3月29日(土) 午後6:40〜8:40

http://www.necoweb.com/neco/program/program.php?id=4334&month=03


教えてくださったゆるりくらさん、ありがとうございました。

2006年5月31日 (水)

HUNGRY DAYS 解散!!

http://www.toshiba-emi.co.jp/hungrydays/

4月末には解散していたらしいです。
(知人の日記読んで初めて知りました)

映画「ビートキッズ」の公開時期から、まだ1年しか経ってないのに、主演バンドが解散するなんて……

ドラム(主人公役)の森口君とベースでソングライターの古河君は新バンド結成するらしいので、また見かけることがあれば応援したいとは思っていますが……なんだかなぁ、釈然としない気分です。



今だから……なんて本音を口にするのは大人気ないかもしれませんが、やっぱり言ってしまいます。

彼らは、正直なところ「「ビートキッズ」という映画に出たい!」という思いは全くなかったらしいです。事実、オーディションの時も原作読んで来ていませんでしたし、私が稽古の見学に訪れた時も、脚本中に出てくる(もちろん原作中にも出てきた)「ジョン・レノン」の音楽を全然聴いてきていませんでした。(それについては原作への思い入れ以前のことって気もしますが…)

彼らは、メジャーデビューできる代償(ご褒美ではなく罰ゲーム的感覚ではなかったかと思われる)としての映画出演、と捉えていたような感じがしました。映画がヒットすれば有名になれる、そうすればCDも売れる、自分たちの音楽が広く知られる……それを目標に映画出演に臨んでいたように見受けられました。

大物の俳優さんにも多数出ていただいて、それなりの規模で制作する映画です。純粋に原作どおりのイメージで役にぴったりな子ばかりを選べるとは、私も思ってはいませんでした。いろんな思惑が絡んでも仕方ないと(いろいろ悩んだ末ですが)自分の思い入れを吹っ切ったのです。…吹っ切ってしまえばハングリー主演というのは、ベストに近い人選だと思っていました。年齢は役に近いし、大阪弁はネイティブだし、何よりも森口くんの笑顔は英二に似ていたし。
そして、映画出演をきっかけにハングリーがメジャーになってくれれば、ハングリーにとっても映画にとっても幸せなことだし、頑張ってほしいと思っていました。


なのに、こんなあっさりと解散とは。
正直、がっかりを通り越して怒りに近い気持ちです。
「やりたいことは全部できた」という、携帯HPに載っていたコメントを見て「ふざけるな!」と思いました。あんたたちのやりたかったことって、この程度だったのか?と。青春の一時のきらめきを残すだけで良かったわけなのか? 自分たちの音楽を一生かけて高めていくつもりはなかったのか? 自分たちの歌をもっと多くの人達に聴いてほしくはなかったのか?と。

こんなことになるのなら、音楽には素人でも「ビート・キッズ」という物語が好きだと、英二やゲンタになりたいんだと言ってオーディションに来てくれた、一般の少年達に主人公達を演じてもらえばよかった……。
映画化のことに関しては「もう何も後悔しない」と心に決めたはずだったのに、また頭の中ぐるぐるもやもやといろんな思いが巡っています。

2006年3月 7日 (火)

テレビ放映されます

3月9日(木)午後10時〜
WOWOWにて映画「ビートキッズ」が放映されます。
観られる方はぜひ御覧になってください。

WOWOWのサイト

正直なところ「DVD買って〜!」というのが本音ですが、
とりあえずWOWOW契約してる方は見てみてから、
もし気に入ったらDVD買って手元に置いてくださいね(^^;)

2005年11月 3日 (木)

「ビートキッズ」DVD発売中

9fhafqqs 記事での紹介が遅くなってしまいましたが、映画「ビートキッズ」のDVDが10/29に発売されました。
もう既にCDショップで購入してくださったり、ネット予約していたものが届いたという御報告も多数いただいております。皆様、ありがとうございますheart

映画本編部分はもちろん劇場公開時と同じですがsweat01、特典が多々ついておりますので、公開時に観てくださった方も是非また観てくださいね。

<特典>
リバーシブル・ジャケット仕様(相総紗季ちゃんバージョンのジャケットに変更することが出来ます。マーチングスーツ姿の紗季ちゃんが半端じゃなく可愛いですよsign01
<映像特典>
相武紗季 HUNGRY DAYS ダイヤリー式メーキング(約30分)
大阪完成披露試写会:ミニライブ
舞台挨拶
囲み取材風景
監督+相武+ハングリー(インタビュー)
UNGRY DAYS「喜怒哀楽」プロモーションビデオ
特報
劇場本予告
スタッフ&キャスト プロフィール (静止画)

ちなみに、エキストラ出演した時の休憩時に撮影した、著者インタビューは特典には使われませんでした(だって全然「特典」じゃないもんね〜それってsweat01)ので、安心して皆様に購入をお薦めすることができますsmile

ネットで御購入の際は amazon 7andy などでどうぞ。(11/3現在、7andyが若干お安くなっております)

2005年9月25日 (日)

「ビートキッズ」DVD発売決定

Cpnxyy6l 映画「ビートキッズ」のDVD&ビデオが、10月29日に発売されます。
amazon 7andyで予約受付中ですので、映画館で見損ねた方は、ぜひお買い求めください。
もちろん「レンタルで観て気に入ったら買う」ということでOKですので、
皆様、どうかよろしくお願いします。

劇場公開のほうは、大分がラスト上映です。
9/24(土)より「シネフレックス 東宝11」にて



2005年7月20日 (水)

忘れてました

書き忘れるところでしたsweat01

塩屋監督にお聞きしたところ、
8月中旬(か下旬)から名古屋で
「ビートキッズ」が公開されるそうです。
中部地方の皆さん、ぜひ御覧になってくださいねsmile

2005年6月26日 (日)

マンガ化始まりました

いろいろバタバタしていて、
すっかり書き忘れておりましたsweat01

6月10日発売の「Theデザート」の7月号から
「ビートキッズ」(映画版)のマンガ化が始まりました。
脚色・作画はマッサ留美子さん。
なかなかカッコいい男の子を描かれる漫画家さんです。
今号はドリル・フェスティバル前で終っているので
まだまだ続きそう(前編・中編・後編と行きそう)な気配です。

そうなると、以前にも言いましたように
コミックス化も有り、かもしれませんので、
「Theデザート」が書店で手に取りにくい方(特に男の方)は
コミックス化を気長に待っていてくださいね。

2005年6月18日 (土)

映画化祝賀会

Sxl9pxo6 大学時代の吹奏楽部・同期の有志で
「ビートキッズ映画化のお祝い会」をしてくれました。

梅田、泉の広場を上がったあたりにある居酒屋で
集まったのは(私を含めて)6人。

しか〜し、
金沢在住のKちゃんは別として、映画観に行ったのが、
元ドラムメジャーのTくん一人だけって…sweat01
これ、いったい何の飲み会やねんannoyannoy

いや、まあ、映画の公開期間が思ったより短かったのが
みんなが観られなかった原因のようですが、
その代わり「DVD出たら絶対観てよ!」と念を押しておきました。
(しかし、金沢では公開ないのでしょうか?)

学生時代と笑っちゃうくらい変わらないIくん、
頭のあたりにちょっと年月が…sweat01なFくん、
高い洋服を安く見せる着こなしが相変わらずなMくん、
もうドラメスーツは着れないだろう(^^;)Tくん、
見かけは変わったり変わらなかったりでしたが、
会話のテンポというか、やりとりの面白さは全然変わらなくて、
笑いながら思わず「懐かし泣き」しそうでしたshine

「思わず泣きそう」だったのは、記念品をもらった時も。
ドラムの形の時計(画像参照)を選んで贈ってくれたのですが、
もう〜めっちゃ半端じゃないくらい気に入りましたheart
見つけて選んでくれたKちゃん、ナイスです
家に帰って見せたら、家族みんなに羨ましがられました。

夜7時から9時まで居酒屋で飲み、
喫茶店に場所を変えての10時過ぎまで
話は次第に映画のことを離れて、
吹奏楽部の知り合いが今どうしてるかの噂話になっていったんですが、
本当に、歌のタイトルじゃないですが「人生いろいろ」ですね。
ずっと独身のままの子もいれば、
結婚したけど離婚して独身の子もいるし、
結婚して離婚してまた再婚してる子もいるし……
なんだか「平穏な結婚」を続けてる方が珍しいような気がしてきたりしてsweat01
「上の子が高3で18歳」と言うと、
「もし女の子やったら、孫が出来てもおかしくない歳やで」
と言われたりもしました。
でも、高3も高1も子供っぽい男子なので、そういう実感は全然湧かないなぁ。

最後に、
映画のことについて、Tくんが再三言っていたこと。
「マーチングの時のスーツ、なんで赤黒ちゃうねん!」
原作本に書かれていた(うちの大学のスーツと同じの)
『赤上着(折り返し部分が黒)に黒ズボン・黒靴&白帽子』
なマーチングスーツでないと、絶対いけないそうです。
「よりによって、なんで緑なんや!」
とかなりお怒りでした、ドラメ様は。
(ドラメですが、七生とは似てませ〜ん(^^;))
いや、そう言われてみれば、私も「赤黒にして欲しかった」
のですが、あの緑のスーツ、トオルの吹奏楽団のやつなので、
まあ、それに免じて(?)勘弁してやってください。

2005年5月 8日 (日)

やっと映画館へ行きます(^^;)

GW中、前半は読書、後半は原稿書き…の予定だったのですが、前半の読書で力尽き……また頭痛で後半を棒に振ってしまいました(T-T) もちろん、出かけるどころの騒ぎではなく、「ビートキッズ」まだ映画館では観れてません。

テアトル梅田では20日まで上映していると聞きましたので、
18日(水)の朝イチで観に行く予定にしています。
平日だし(レディースデイで安いですが)朝一番の上映(たぶん10時頃〜)になるのですが、もし「一緒に観に行ってやってもいいぞ」という方がいらっしゃいましたら、USHIOまでメールください。(メルアドはHP「USHIOのROCK KIDS BEAT」の方に明記しています。プライベートアドレスをご存知の方はそちらのほうに御願いします。)
一人でもお付き合いくださる方がいらっしゃいましたら、上映後お昼を食べにいく「プチオフ会」になると思います(^^)
(誰もいらっしゃらなかったらまっずぐ帰ります(T-T))
とにかく、映画館で観るのは最初で最後なので、これまた楽しみですheart

2005年4月 5日 (火)

御感想いろいろ

映画「ビートキッズ」を観てくださった御感想が
ちらほらと届き始めております。

おおむね
『原作とちょっとテイストは違うけど、音楽が良くて面白かった』
という感じの反応が多いですね。
そう言っていただけると、私もとても嬉しいです。

ネットで読めるところでは
岬千里さんのblog
@Rinさんのblog
北ふうこさんのHPの4月3日の日記
…などで、映画の御感想を書いていただいています。ありがとうございます。

他にも「うちのblog(HP)にも感想書いたよ〜♪」という方は、どしどし御連絡くださいね。