ミーハーなサッカー(TV)観戦日記 Feed

2006年7月 1日 (土)

ドイツ×アルゼンチン(T-T)

1aakq8d5
あ〜ぁ、もうサビオラ見られないのか…(T-T)

ジーコのオーストラリア戦と同じく、ペケルマンの采配がわからん。
リケルメと合うからってサビオラがちびっこFWのうちのファーストチョイスじゃなかったの?(クレスポは鉄板として) テベスにして目に見えて変わった(良い方に)気はしなかったんだけど…。
しかも、リケルメまで途中で替えるとは! 今までのチームづくりはいったいなんだったんだよ〜。

アボンダンシエリの怪我で交代枠が減ってしまったのは仕方ない。…けど、クレスポ下げてクルスってないだろー! クレスポは残して、テベスとホビットさん誰か(私のおすすめはサビオラですが)を交代させるべきだったのでは?

な〜んかどっと脱力感が……_| ̄|○

(写真はPK戦で敗れて意気消沈のアルゼンチン選手)

2006年6月25日 (日)

アルゼンチン×メキシコ

実は、午前4時〜の試合をまともに見たの初めてなので、すっごく疲れました。
日本代表の試合でさえ寝転びながらチラ見だったんですよね。
ハラハラしたのも日本代表の比ではなかったし。
(日本×ブラジルは同点にされた時点で諦めモードでしたから)

応援してるチームや応援してる選手がいるっていうのは、張り合いがある反面、ものすごく心臓に負担かかる〜。
特に今日のサビオラは少し調子が落ち気味だったので、メキシコDFにボール取られるたびに、心臓がぎゅうぎゅう縮んでく感じがしました。
3年分くらい寿命が縮んだ気がするわ(^^;)

惜しいシュートもあったんだけど、結局ゴールできないままテベスと交代なのか……と思ってぼんやり見ていたら、ええぇ! クレスポoutテベスinですか!? 
ジーコ采配(おもにオーストラリア戦)にも驚いたけど、ペケルマン采配にもびっくり。
ハビとテベスのツートップに、リケルメと共存でアイマールもin(カンビアッソout)とは、サプライズな布陣ですこと。
サビオラが長く見れらたのはファンとしてはうれしいんですが、それでいいのかペケルマン?

両チームともセットプレーで入った1点ずつのまま延長戦に。
延長前からハビに替わってメッシが入ったんだけど、やっぱりチビチビのツートップより、クレスポ+ホビット族の誰か(笑)のツートップのほうが点が取れそうな気がしました。

結局試合を決めたのはマキシ・ロドリゲスのゴール。
Gリーグでも2点決めてるし、勝負強いなぁマキシ。もしアルゼンチンが優勝までいくとしたら、案外マキシがヒーローになるんじゃないか…なんて思ったり。
でも、次の相手ドイツだし、なんだか優勝は難しいような気がしてきた……(セルビア戦後のハイテンションは今いずこ?(^^;))

2006年6月23日 (金)

日本敗退…

玉田のシュートは素晴らしかった

2006年6月17日 (土)

アルゼンチン強っ!!

Wtvn4qww まさかまさか6−0で勝つとは!
欧州予選では鉄壁の守備を誇っていたセルビア・モンテネグロ相手に6点だなんて、夢にも思わなかっただけに嬉しい誤算。(セルモンもDFに故障者が居たりしてツイテなかったようですね)

何より、サビオラがキレキレだったことに感激しました。ゴールこそなかったけど、前半の3点はどれも起点になっていたし(1アシスト)、後半替えられるまで、前線でちょこちょこするうえに戻って守備までする大活躍ぶりで。
W杯開幕頃はどんな特集でも取り上げられなかったのに、実況も解説も「サビオラいいですね〜」と言ってくれるのがまた夢のようで… 。「我が事のように嬉しい」というか、「我が子のことのように嬉しい」というべきかな(^^;) ずっと応援し続けてきてよかったよう〜・゚・(ノ Д`)・゚・
ちゅうか、スタメンで使ってもらえてこその結果だから、監督さんに感謝です。ペケルマンさん、ハビを信頼してくれてありがとう。ペケさんは最高の監督です、一生ついて行きます〜(ってどこへだ?(^^;))
W杯始まる前「メッシやテベスばかり脚光浴びてまた(アテネの時のように)試合に出られないんじゃないか…」と不安だったのが、杞憂に終わりそうです。元々、先発で出てかき回して先制点GET!ってタイプなので、このまま「先発サビオラ→後半にテベスかメッシin」ってパターンで使ってもらえそう。ペケさんならきっと大丈夫だ♪

さ〜て、あとは日本がグループリーグ突破できるかどうか、ですね。サビオラみたいに、ここ一番で存在感を示してくれる選手が、日本にも出てきてくれるといいんだけど……

2006年6月13日 (火)

3分で何をせえと…?

ええ、何が起こるかわからん勝負事ですからね、負けはしゃーないですよ。
おやぶんさんのHP近況の予言みて、覚悟できてたから割とショック薄かったしね(^^;)

でもさ〜、あの交代はなんかちゃうと思うんだわ(怒)。
オーストラリアがゴール狙える選手をたたみかけるようにガシガシ送り出して来たのに、ジーコさんは追加点がなかなか入らない相変わらずの決定力不足の時間帯、ゴールGET対策なんにもしなかった。
1点リードされてから大黒出してもさ〜、あと3分だしさ〜、何ができるっちゅうのよ〜(T-T)
DF1枚削ったせいでラストの3点目を入れられちゃったような気もするし……たかだか観戦歴4〜5年のニワカが言うのもアレだけど、交代の仕方がおかしいと思う。結構良いカウンター攻撃ができてた時点で大黒入れて欲しかった…。

勝ち点0、得失点差−2、最悪に近い一戦目の結果ですが、おやびんさんの予言する「もっとも悲惨な状況からの逆転劇」を信じて、気を落とさずに応援することにいたしましょう。

2006年6月11日 (日)

わーい!!

Wzy8yidb サビオラがW杯でゴール決めました! わーい!!

実はあまりにもハラハラドキドキしすぎて、生放送見ることができなくて、さっき結果を知ったんですが…(アルゼンチン2対1コートジボアール、GOALはクレスポ、サビオラ、ドログバです)
前のW杯後、ずっと一押しで応援してきたのはサビオラだったのですが、ここ2年の不遇ぶりに「W杯にも選ばれないんじゃないか」と心配でした。シーズン終了間際が絶好調だったので、そのままW杯まで調子を持ち越してくれたようです。
あ〜、ほんま良かったよぅ〜・゚・(ノД`)・゚・  
まだちゃんと試合見てもないのに、めちゃくちゃテンション上がってます(汗)。正直、日本が勝ってもここまで喜ばないかも(大汗)。
サビオラ次の試合も出られればいいのですが、テベスやメッシも居るから微妙かなぁ。でも、スタメンでゴールしたので、きっとまた出番はあるはず…と信じたいです。

shineマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた模様♪→記事

2005年6月 9日 (木)

祝! ドイツ行き

サッカー日本代表、W杯予選「一抜け」おめでとう♪

めっちゃ久しぶりに、最初から最後までサッカーの試合観ました。
前半は「う〜〜む」な感じでしたが、
後半「よぉ〜しっ!」になって良かったです。
(↑仮にも作家の感想とはとても思えませんね…(^^;)

豊中出身の大黒が活躍したのもめでたいっ

2−0で勝てたのも良かったですが、個人的には
「無観客試合(というより「無サポーター試合」)が
とても心地よかったのでした。

いつも「凱旋行進曲」や「エンターティナー」や「グリーングリーン」を、
めちゃくちゃな音程&テンポ&大音量で歌われるのが
我慢できないもので、ついテレビの音量を低くして
実況や解説が聞き辛くなるのが嫌なのです。

勝ってる時に「アイーダ凱旋行進曲」を歌いたくなる気持ちはわかるけど、
少なくとも「グリーングリーン」を使うのだけはやめて欲しいなぁ。
だって、歌詞が悲しすぎるじゃないですか〜。
サポーターの皆さん、歌詞が7番まであるの知ってます?
6番では、
<パパは遠い旅路に出かけちゃって、二度と帰ってこない>
んですよ?
離婚説、戦争に行った説、無実の罪で捕まった説……
などなどあるそうですが、とにかく要約すると、

<ある日どこかに行ってしまうパパが、
世の中にはつらいこともあるけど泣くなよって
子供に言い残していく歌>


なのです。ですから、
たとえ替え歌にしているにしても
あんなふうに(サッカーの試合中に)大声でがなりたてるのには
あまりにも適してないように思うのです。
日本代表戦の時の応援のやり方って、いったい誰が決めてるのかなぁ。
とにかく、もう一度、応援歌について再考をお願いしたいです。

W杯出場おめでとう! のはずが、いつのまにか
応援歌批判になってしまいました、ごめんなさいsweat01

2005年3月 7日 (月)

またキーパーの髪型が気になる…

フィオレンティーナ×レッジーナの試合、
地上波でやってくれたから観てみたのですが、
中田ヒデがベンチのまま出場しなかったので拍子抜けでした。
せっかく中田×中村対決が見られると思ったのに。
(TV局もそう思って放映したんだろうにね)

レッジーナ全体の調子がイマイチだったせいで、
中村もフリーキックなどでの見せ場もなく途中交代。

まぁ、応援しているミッコリが(PKだけど)ゴールできたので、
半分くらい(?)満足しました。

でも、試合中、一番気になったのは
フィオレンティーナのキーパーの髪型。
大阪弁でいう「チャリ」(もみあげ)だけ残して坊主(しかも髭ぼーぼー)って
個性キツ過ぎ! けど、思わず次回からもその姿を探してしまいそうですsmile
Kpowlyha

2005年2月24日 (木)

切ない結果

CL(チャンピオンズ・リーグ)、Best16対戦の1stレグ。幸運なことに、ケーブルTV(Jスポーツ)で見られるカードの中にPSV×モナコがあったので観たのですが……0−1でモナコ負けました。(全然幸運じゃなかった…)

開始まもなくセットプレーから失点してしまい、そのまま攻めの決定機もほとんどないまま終了という、なんとも切ない結果になってしまったのですが……一番切なかったのは、ハビの唯一に近いゴールチャンス(シュートが浮いてしまった)に、ディフェンスについてたのがコクーさんだったこと。

昨シーズン、開幕当初は不調だったものの、後半怒涛のような連勝で2位まで追い上げた、あの頃のバルセロナが今でも大好きで忘れられなくて。
あのチームに、あの時点で足りない駒を少し補強するだけで、そのままの好調さで今シーズンに入るものとばかり思っていたのに、バルサのフロントは連勝を支えた主要メンバーである、サビオラ、コクー、ルイス・ガルシアらを放出しての大型補強に踏み切りました。経験も実力もある選手たちがたくさん加入しバルサは物凄く強くなったけど、一昨年のはじめの超弱かったチームからだんだん盛り上がってきたあのチームとは、ほとんど別物のような布陣になってしまったので、私は素直に今のバルサを応援することができずにいます。
好きだった昨年後半のバルサの中でも、特に応援していたハビとコクーが、違うチームで敵同士として相対しているのを見るのは、ほんと切ないです。
試合後、ユニ交換して仲良く話している2人が見れたのは嬉しかったですが。

なんか、私が見られる試合(ケーブルのチャンネルで放送がある試合)では、ハビの調子の良くないことが多いので、CLの2ndレグはモナコ戦放映無しでいいです…shock

試合記事

2005年2月23日 (水)

印象に残ったのは髪型

首痛で寝込みながらも月曜と火曜の午後6時からのリーガ放送は一応チェック。
レアル・マドリーの負け試合を久々に見てちょっと回復(レアル・ファンの方、スミマセン)。
バルサの勝ち試合を見て、またちょっと回復。
この2試合は気分が良くなる方に転んでくれて良かったです。
(逆の結果だったら、めちゃ落ち込んで症状悪化してたわ)

ぼけ〜っと観てたので試合展開とかあまり覚えてないのですが、
ものすごく印象的だったのは、デコとビクトルが過激に散髪してたこと。
デコ、茶髪だったのが黒髪にすっかり戻ってて短髪になってました。
かなり変わりましたけど、個人的には、こっちの方が好きです。
しかし、インパクト最大だったのはGKビクトル・バルデスの新しい髪型。
う〜ん、なんとコメントしていいものやら…。
男っぽくなったというより、男臭くなったsweat01という感じで、
まぁ、守護神としては強面な感じでもいいかな、とは思うんですが……
バルサ見始めた02−03シーズンに居た
「美少年なビクトル君」は完全に居なくなりました>ちょっと残念
S9snkxeg