ミーハーなスポーツ観戦記 Feed

2007年5月11日 (金)

スカイマークは寒かった…

Pc_tsyqj 世界フィギュアのレポートが書けなかったので、久々のスポーツ観戦記です。

昨日(6/10)、野球観戦に行ってきました。
場所は神戸のスカイマーク・スタジアム。(オリックスVS千葉ロッテ)。
片道約2時間……遠いよ〜sweat01、ほとんど小旅行です。

なんでまた急に野球なのか……と驚かれる方も多いかもしれませんが、実は子供の頃よく見てたのは、サッカーではなく野球だったんです。
今は九州の方に行ってしまった、かつての南海ホークスが好きでした。
でも、ガチガチの大ファンってわけでもなく、山田投手や福本選手が居た阪急もかなり好きだったりsweat01

去年あたりからまたテレビで野球観る機会も多くなり、なんとなく「野球物とかも書いてみたいな〜」と思ったりしているので、いっちょ生観戦もしてみるか、と出かけて行ったのですが……

めちゃくちゃ寒かった〜〜shock
小雨まじりの強風が吹きまくり、凍え死にそうになりました。
うぅぅ、京セラドームでやってくれたらいいのにぃ…sweat01

遠くて寒いスカイマークにもめげなかった理由は、ロッテの渡辺俊介投手が見たかったから。
世界一低い位置から投げるサブマリン……アンダースローの美しいフォームを、どうしても生で見たかったのです。

去年は不調だった渡辺投手ですが、今年はずっと好調をキープしていて、今現在防御率もパリーグトップ(1.71)。
昨日も初回いきなり1点取られたものの、その後は好調で、4〜8回はほぼ完璧に相手打線を抑えていました。
特に8回の3者3振は素晴らしかった! MAXでも120キロ台と球速はないのに、緩急の妙や低めを突く投球術で3振取れるのはすごいです。
9回に崩れて救援を仰いだのはちょっと残念だったけど、6対2で勝ち投手になりヒーローインタビューも見れましたし、思い切って行ってよかったと思える試合でした。

月末(5/28)の阪神VSロッテ(甲子園)も観に行く予定にしてるんですが、また俊介投げてくれないかなぁ…。
ハッ、その日は阪神ファンのお友達とご一緒するから、ロッテの応援はできないんだった……じゃあ、違う投手でお願いします、バレンタイン監督。



2006年12月 3日 (日)

NHK杯男子フリー

うわわ〜、初日の日記で「男子も表彰台独占」って書いたら、ほんとにそうなっちゃった〜!
1位2位は(ランビが来ないんだから)日本勢で固いと思ってましたが、3位の小塚君には驚かされました。

去年の西日本大会(だったと思う)で生で初めて小塚君を見たのですが、「ジュニアではダントツ上手い」とは思ったものの、演技を見た感想は『無味無臭』でした…。高橋君の華やかさとか、織田君のコミカルさ、みたいな味がまだないという印象で。

今回もやっぱり派手さは感じませんでしたが、丁寧で綺麗なスケートをするなぁ、と思いました。特に中間部のスローパートの滑りのなめらかさは素晴らしかったと思います。
SP3位だったチェンジャンにミスが多かった(4回転は決まってたが)せいもあったけれど、演技内容的にも3位になっておかしくない演技だったと思います。

織田君のフリー、ほぼノーミスで素晴らしかった!
ちょっと得点は出過ぎな気もしたけれど(^^;)、でも風邪気味だっていうのに、ほんっとによくやったと思う。
織田君の点が出た時には「あ、これは、織田君の連覇やな」と思いました。このプレッシャーに高橋君が耐えられるとは思えない(笑)

しかし、ラストに出て来たのは、生まれ変わった大ちゃんだった!
いきなり4回転に成功。その後もジャンプことごとく大成功!
最後の方のスピンが疲れて低速になってましたが、ミスらしいミスもなく、素晴らしいフリー演技を見せてくれました。
高橋君と織田君の戦い、どちらも一歩も譲らない完璧な演技で、凄い試合でした。ランビ君は来なかったけど、やっぱり生で観たかったなぁ。(たぶん、生で観てたら感動しすぎて日記書く余裕なんてなかったと思うけど)

でも、小塚君の実力があがってきて、これから3人で競っていくと思うと、男子もますますのレベルアップが期待できて、すっごく楽しみです。
来年の世界選手権(東京)は2枠ですが、再来年には3枠になってるかもよ。(もちろんバンクーバーも3枠で♪)

2006年12月 2日 (土)

NHK杯女子フリー

ふおー、遂に真央ちゃん、スルツカヤの銀河点を超えちゃったんですか!
う〜ん、トリプルアクセル転ばなかったし、あとのジャンプは良かったんだから点出るのもわかるんだけど、(例えが古くてスミマセンが)トービル&ディーンの『ボレロ』観た時みたいな感動は湧かなかったなぁ。まだ若いから演技力とかは今後に期待ですね。

村主さんの演技は良かった。でも、ジャンプ1個抜けちゃったし、元々点数がそんなに出る構成じゃないと思うので、カンペキだったとしても、真央ちゃんがそこそこやれば、抜くことは出来ないんですよね。村主さんは旧採点法のほうが良かった選手のような気がします。

中野さんは全日本に期待。ちゃんとトリプルアクセルも入った完成形の『シンデレラ』が見てみたいです。

他の外国選手の皆さんは、残念ながら日本勢とはかなりレベルが違いました(^^;)…ぶっちゃけ、女子の外国勢を放映する時間で、男子で放映しなかったベルルンとかケビンとかのショートを見せて欲しかったです。きっとその方が面白かったはずデス!(断言)

NHK杯男子ショート結果

今日の高橋君はパーフェクト。去年のスケート・アメリカのフリーほどの感動はなかったけど、スタンディングオべーションも納得の出来。

織田君の方は、ステップの後半大きくバランスを崩したりしてたんだけど、点数はパーソナルベスト。う〜ん、ミスは小さいし上手くまとめていたけど、今までで最高点ってのはちょっと不思議。

小塚君も、コンビネーションジャンプの一つ目でバランスを崩したところを、二つ目のジャンプをトリプルからダブルに変えて上手に乗り切った。全体的には良い出来だったので4位でもいいんだけど「え、バンデルペレンより上行ったの?」とちょっと驚いてしまいました。

テレビ放映、男子のショートで一時間だと思ってたら、アイスダンスと2種目で一時間でした…orz
よって、日本勢以外で放送されたのは3位のチェンジャン・リーのみ。
楽しみにしていたベルルン(あ゙━━━━━━((゚∀゚))━━━━━━ッ !!!!!の人)やPちゃんなど、影も形も映りませんでした(T-T)

せめて5位のケビン・バンデルペレンぐらいは放送して欲しかったなぁ。去年NHK杯でも観た「パイレーツ・オブ・カリビアン」のケビンはカッコ良かったんですよね。

チェンジャン・リーのクリアな4回転が見られたのは嬉しかったけど。今回のショートはプログラム的にキャラに合ってて安心して見ていられたし。去年の「愛の夢」は果てしなくキャラに合ってませんでしたからねぇ。

さてさて、明日はいよいよフリー。高橋君の自爆癖が治っていますように。

≪フリー滑走順≫
Group 1
1 Jialiang WU CHN 9 56.39
2 Kristoffer BERNTSSON SWE 7 63.95
3 Marc Andre CRAIG CAN 10 52.73
4 Patrick CHAN CAN 8 60.80
5 Geoffry VARNER USA 11 52.70
Group 2
6 Kevin VAN DER PERREN BEL 5 65.55
7 Nobunari ODA JPN 2 83.55
8 Alexander USPENSKI RUS 6 64.63
9 Takahiko KOZUKA JPN 4 67.95
10 Chengjiang LI CHN 3 69.26
11 Daisuke TAKAHASHI JPN 1 84.44

そういえば、演技後のインタビューで織田君がもう涙ぐんでましたね。なんとか乗り切れて安心したのかもしれないけど、よく泣く子やなあ。明日もし優勝したらまた号泣?

2006年12月 1日 (金)

NHK杯始まる

…いや、ほんまは昨日から始まってるんですが(^^;)
日本人が出てないのでペアのことは無視らしいです。
(後でBSででもやってくれるのかなぁ、NHKやし)

ま、今までのGPS、朝日放送では「女子」以外無いも同然だったので、今日夕方にアイスダンスODが放送されただけでも、思わず感涙にむせびました。さすがNHK。だてに受信料は取ってませんよ。

女子のショートプログラムの放送も、邪魔にならない抑制のきいた実況・解説でイイ感じでした。
あぁ、他の大会も昔みたいに全部NHKのBSだったら良かったのにぃ。
地方では女子以外は放映しないテレ朝は、来年はGPS放送から撤退して欲しい!

女子ショートは順当に真央ちゃん、村主さん、中野さんが1、2、3位。よっぽどのことがなきゃ、このまま表彰台独占でしょう。

男子も明日から始まるわけですが…



ランビエール、インフルエンザで棄権……_| ̄|○

あぁぁ…なんてこった…orz

朝日放送ではスケート・カナダの放送が無かったんだけど「ま、ええわ、NHK杯で見れるから」と思っていたのに…。

もうこれは『世界選手権に直接観に行くしかない!』ということなんですね。そうですね。

はあぁ……orz


気を取り直して。

ランビ君が出ないってことなので、男子も「日本人表彰台独占」が有り得るかも。小塚君の頑張り次第ですが。

とりあえず、1位は織田君、高橋君のどちらか、2位も織田君、高橋君のどちらか、でしょうね。
二人とも最高の演技をしてくれますように。
あと、可愛いPちゃん(カナダのパトリック・チャン←世界Jrで見た時はすっごく可愛かった!)がテレビに映る順位でありますように♪

≪男子ショート・滑走順≫
Group 1
1 Jialiang WU CHN
2 Daisuke TAKAHASHI JPN
3 Alexander USPENSKI RUS
4 Patrick CHAN CAN
5 Marc Andre CRAIG CAN
Group 2
6 Kevin VAN DER PERREN BEL
7 Chengjiang LI CHN
8 Nobunari ODA JPN
9 Geoffry VARNER USA
10 Kristoffer BERNTSSON SWE
11 Takahiko KOZUKA JPN

あっ、ベルルン(ベルントソン)も出るんだぁ! 相変わらずの変プロなのかな。テレビに映りますように。

2006年5月15日 (月)

ジャパンオープン

というフィギュアの競技会を観に東京(正確には埼玉)行ってました。
いや〜疲れたけど行って良かったなぁ。生ランビ最高でした!

初めての地域対抗の団体戦形式の競技会で、結果的には日本チ−ムが優勝、北米チームが2位、欧州チーム3位だったんですが、私のお目当ては欧州男子。ランビエールとヤグディンを観に行ったようなもんで。

shineヤグさんは競技会ではジャンプミスがあったり最後の方スタミナ切れ(?)っぽかったりして点数はイマイチだったのですが、エキシビションで本領発揮してくれました。
まず登場から客席に入り込み、お客さんの上に座り込んだり(こういうのキャンデロロもやってたよな)、小粋な仕草や得意のステップで客席を盛り上げ、最後にはアンコールでなんとソルトレイクの時のショートプログラム「ウインター」を当時の衣装で再現! 客席熱狂であちこちでスタンディングオべーションがおきてました。(ところが後ろの列で嫌そう〜な声で「ちょっとぉ、見えないんですけど〜」って言ってる人が居た。スタオベ知らないなんて唖然(^^;)

shine肝心のランビエールですが、いやもうやっぱり生は素晴らしかったです!
テレビで見てても、スピンが早いとか踊れる子だということとかはわかりますが、やっぱり生で見ると、全身を使った滑らかな動きがよくわかりました。指先からつま先まで使って音楽を表現できているのもよくわかるし。思った以上に優雅な雰囲気でしたし。
競技会では前の競技者の得点がなかなか出ないトラブルで、10分以上も待たされて集中力を保つのが大変だったせいもあってか、ジャンプ転倒があったりしてパーフェクトな演技ではなかったのが残念。
でも、そのぶんエキシビションの素晴らしさによりいっそう感動しました。動きもよかったしスピンは神業のように早いし。なにより、ものすごく楽しそうに滑る姿を見ていると、幸せな気分になってくるんです。大げさかもしれないけど、生きてて良かった〜って感じかも(^^;)
来年の世界選手権(in東京)に行くつもりにしてたので、最初「ま、今回は生で見なくてもいいかな」と思ったりもしたんですが、思い切って観に行って本当に良かったです。ayumiさん、誘ってくださってありがとう!

あと、こまごまと印象に残ったことは…

shine真央ちゃんのトリプルアクセルが物凄かった! あのトリプルアクセルだけでもお金払う価値ある、と思ったくらい完璧だった。

shine表彰式で、1位の優勝賞金(金額書いたパネルだけですが)授与の時、ヤグさんがちゃっかり日本チームに紛れ込もうとしていたのに笑った。

shine点数がなかなか表示されないトラブルの間、サンデュがキスクラに飾ってあったポケモンのぬいぐるみ2体を戦わせて遊んでいた。かわいい……というか、ぬいぐるみよく似合うよねサンデュ。(サンデュの汗の拭き方の乙女っぽさにもウケたわ(^^;))

shineエキシビのオープニング。最初に登場した女子選手がスピンしている後ろで、目立たないように所定の位置に行こうとしてるバトルが、必要以上に身を隠したいわゆる「忍者歩き」をしていた。超かわいかった♪

shineでも一番歓声&拍手が大きかったのは荒川さんのイナバウワー lovely

ジャパンオープン公式サイト

2006年4月 2日 (日)

Diamond Ice 2006

なみはやドームであった「Diamond Ice 2006」というアイスショーを観に行きました。
端のほうだったけどスタンド席の1列目だったので、選手の表情もかなりよく見えて感激でした。

*全員は無理なので、印象に残った選手についてちょこっと書きます。

【ジュニア】
shine武田奈也ちゃん…ノーミスでとても良かった。大柄で演技が舞台映え(氷映え?)する。世界Jr入賞の演技、録画しただけでまだ見てないので、早速見てみなければ。

shine小塚くんはジャンプでもステップでもミスあり、あまり調子良くなかったのかな。世界Jrの演技を見たところだったので、ちょっと期待はずれだったかも。ラストで放り投げたキャップを、足で後ろに蹴り上げて取ろうとしたのが、1度目は失敗。二度目で成功して拍手もらっていた。(これも世界Jrでは一発成功だったのよね)

shine柴田嶺くんは、試合の映像では「スピードあまりないしトリプルアクセル跳べないのは痛いよなあ」と思って見てたんですが、エキシでは彼の個性である柔軟性だけでも充分に見所があることが判明。とても良かった♪ 一緒に見てたフィギュアをほとんど見ない夫も「この子うまいねえ」と言っていた。男子でY字スパイラルやビールマンスピンができるのは、かなりインパクト強いですね。

shine真央ちゃんは本当に羽根のように軽いジャンプ。重力を感じさせない。(バレエ漫画「SWAN」の天才少女リリアナを思い出させる感じ)でも、衣装と振り付けがダントツに子供っぽい。まあ、最年少だからいいのか。アンコールでトリプルアクセル

【アイスダンス】
shine全日本2位の都築&宮本組が解散・都築さんが引退ということで、スピーチがありました。アイスダンスの技術はよくわからないけど、容姿が良くて大人っぽいエキゾチックな魅力があって期待していたのに残念…。都築さんは今後は指導者をされるとか。

shine渡辺&木戸組…オペラ座の怪人。良かったんだけど、あまり印象に残っていない。

【シニア】
shine怪我から復活した大田由希奈さん。上半身の使い方が指先まで美しい。イナバウワーも荒川さんとはまた違った魅力があった。来シーズンが楽しみ。

shine中庭くんはノーミスの演技。すごく迫力あるジャンプがあったんだけど、アクセルじゃなかったから4回転?(シロートなので見分けられない…(T-T))男子最年長だけある、表現力豊かな素敵な滑りだった。

shine高橋くんはいつもの黒衣装エキシ。ステップとスピンが素晴らしい。ジャンプも今季は確実になってきましたよね。(紹介のナレーション「確実性のあるジャンプ」には一瞬笑いましたが)スピンの速さはランビに勝てそうなくらい。レイバックスピンの形も美しかった。

shine中野友加里さんはアメージンググレイスをノーミスで。なんだか滑りに貫禄がでてきたようにすら感じさせる演技だった。ドーナツスピンが綺麗。

shine織田くんはSPのフィガロ。NHK杯や世界選手権に比べるとちょこちょこミスがあったけど、まずまずの出来。来シーズンのSP、FPはどんなのになるんだろう。今シーズンの成長ぶりを考えると、来シーズンにもすごく期待してしまいます。

shine村主さんが赤いボールをお客さんに手渡した!! いつも「これあげる」って仕草をしておいて「やっぱりあ〜げない」みたいに引っ込めていたのを、今回はホントに手渡し。そのあと「投げ返して」と手で合図。渡されたお客さんも上手に投げ返していた。演技の構成はトリノや世選でのエキシと同じ。でもトリノの時より出来は素晴らしく、生で見る高速スピンは圧巻でした。

shine荒川さんはもうおなじみの「You Raise Me Up」。どんな演技かはわかっているけど、それでも見入ってしまう迫力がある。生イナバウワーはやっぱり凄かった。アンコール、フィナーレ…と合計3回もイナバウワー。他にも演技にイナバウワー入れてくる選手がたくさんいた。イナバウワーからイーグル、という流れで使っている選手も複数いました。イナバウワー時代の到来?

*フィナーレで「あれっ、柴田くんがビールマン失敗?」と思ってよーく見たら、柴田くんの衣装を着た小塚くんだった!(しかしビールマンに挑戦する小塚くんもチャレンジャーよね(笑)) 織田くんのフィガロ衣装を着た宮本くんが都築さんをリフトしていたので、会場は「えっ、織田くんが!?」と騒然(笑)。男子全員、衣装をとりかえっこしていたのです。
織田くんが高橋くんのSP衣装を着てたけど、結構似合ってました(驚)。
みんなが3つの円を描いてぐるぐる回り、にこやかにフィナーレと思われていたとき、アクシデントが!
荒川さんと中庭くんが衝突して転倒。かなりの衝撃だったようで、しばらく荒川さんの動きが鈍かった。怪我の具合が心配です。

入場前に雷雨に襲われコートがびしょびしょになったせいで、超〜寒い2時間半でしたが、そんなことも気にならないくらい楽しかった♪ またアイスショー行きたいですsmile


あー、恩田さんを忘れてたshock 相変わらず元気いっぱいでよかったですよ、恩ちゃんもsmile

(安藤さんは大学の行事でお休みでした)

2006年3月25日 (土)

フィギュアスケート世界選手権

Nkh33fca ペア、男子シングル、アイスダンスが終了。

でも(関西)地上波では、男子シングルSP上位と女子予選、ペアの1位と井上レナちゃん組の演技しか見られませんでした。うう、男子シングル、ランビエールの優勝決めたフリー演技が観たかったのに……・゚・(ノД`)・゚・  男子もペアもアイスダンスもケーブルTVのJスポでの放映(約一ヶ月先)まで待つしかないのね…。関東では放映してる時間に、ふっつーのしょーもない番組しかやってない関西テレビにはガッカリです。関西出身の織田くんが4位(堂々、世界の4位ですよ!)に入賞してるのに、なんで放送しないのよ、関テレーっ!!(怒) もし住んでるハイツにケーブルTVが導入されてなかったら、マジで関テレに殴り込みに行こうかと思うくらいッスよ。

今夜ゴールデンで放映の女子SPは、関西でもやってくれるようですが、そこでアイスダンスのFPもちょっとぐらいやってくれるのかなぁ。1位になったデンコワ&スタビスキー組、去年のNHK杯で観て気に入ったので、あのフリー(NHK杯ではミスした)の完成形をぜひ観てみたいのです。どうやろ〜、放送してくれるんかなぁ。やっぱり一ヶ月待ちになるのかなぁ。

あ、言い忘れてたけど、ランビエール世界選手権2連覇おめでとう! 来年の世選は東京開催なので、絶対生観戦しに行くつもりです。(ランビ、それまでに膝ちゃんと治すんだよ〜)

2005年11月30日 (水)

ランビエール、観たかったのにぃ…

昨夜なんだかすごく疲れていたので、11時頃からつい横になってしまって

いつのまにか、眠ってしまって……気がついたら午前2時!
うわぁあ〜〜寝過ごしてしまったぁ〜!!
午前1時からNHKBS1で放送するフィギュアスケート、GPシリーズ・ロシア大会を観るつもりだったのにぃ〜・゚・(ノД`)・゚・
2位がランビエールで4位がリンデマン(たぶん4位までは観られるはず)という、
私にとって超〜魅力的なメンバーが観られるはずだったのにぃ〜・゚・(ノД`)・゚・
1位のプルシェンコも3位のウイアーも久々に観たかったしぃ〜・゚・(ノД`)・゚・
ビデオに撮っといて、執筆の疲れを癒すアイテムにするはずだったのにぃ〜・゚・(ノД`)・゚・
…ちゅうか、なんで予約録画しておかなかったんだ、自分…
あぁ、録画どころか、一目も観られなかったなんて……ショックぅ_| ̄|○

激しく落ち込みつつ、ゲラチェック(〆切2日前)する午前3時なのでした。


余談:ランビエール、GP大会で2位が2回ってことは、GPファイナルは出られるのかな?
リンデマンはNHK杯がもし1位だったらどうなんだろう? それでも無理?
ま、ファイナルはチケット取ってないから、そんな大問題ではないですが…。 

2005年11月21日 (月)

真央ちゃん優勝♪

Wjkhtncr フィギュアスケートのGPシリーズ・フランス大会で、浅田真央ちゃんが優勝しましたね!
今年からシニアに上がったばかり、グランプリシリーズ参加2戦目にしての快挙です。しかも、フリーの演技は素人目に見ても「会心の出来」ではなかった(トリプルアクセルもきわどかったしスピンで手をついたし)にも関わらず、一位の点数を取ってしまった! これがノーミスになり、表現力もついた日にゃあ、どれだけ凄くなるんだか、末恐ろしい子です。
ジャンプが得意ではあるけれど、かつての伊藤みどりが「竜巻ジャンプ」(周囲10メートル真空になりそう(^^;))だったのに対し、真央ちゃんのはフワリと舞い上がるようなジャンプです。まるで本当に空気の妖精のように宙に舞う。こんな子は今までいませんでしたよね。
年齢制限でトリノ・オリンピックに出られないのは残念ですが、この先の身体や心の成長で演技が不安定になることのないよう、伸び伸びと育ち続けてほしいものです。

かなり前のですが、録画していた中国大会での、ランビエール君の演技を見ました。う〜ん、調子は悪い方だった感じ(最初の四回転失敗したり転倒もあったり)だけど、プログラムとしては、ラスト近くのステップやスピンの盛り上がりはいい感じだと思う。何よりも、曲(ビバルディの四季)がいいし。実家にあったイ・ムジチ合奏団の四季のレコード、聴きたくなっちゃった。レコードはもう聞けないんでCD買いに行こうかな。ランビはスロースターターっぽいので、オリンピックや世界選手権までには調子を上げて、完璧な四季を見せて欲しいものです。